2011年07月11日

Lecture 6: こどもの身長予測式

 こどもの(最終)身長はどのように決まるのでしょうか? これにはいろいろな要因が複雑にからんでおり、一概には言えないのが実情です。しかし、ある程度子供の身長を予測することはでき、医師、とくに小児科医の間では常識になっている計算式があります(1990年発表)。

目標身長(Target Height)は、ある程度遺伝的な要因が作用するため、両親の身長を用いて以下のように計算します。

  目標身長= {(父の身長+母の身長)±13}/2

 ±のところは、男の子なら+、女の子なら−で計算します。

 例えば父が170cm, 母が160cmであった場合、子供が男の子なら(170+160+13)/2=171.5cm が予測身長になります。女の子なら(170+160-13)/2=158.5cm です。

 もちろんこの値はあくまで”予測”であり、遺伝によらないさまざまな要因(出生時身長, 出征後の食事など)で変動します。

 しかし、男の子なら予測身長±9cm, 女の子なら予測±8cmの範囲に約95%
の人は入るそうですよ。是非参考にしてください


メディカル通信:知らなきゃ損する最新医学・病気・健康の話 第3話(2011.2.13) 掲載記事より
posted by Doctor HS at 21:20| Comment(1) | Lecture | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3つの入力項目だけで高精度に成人時の身長を計算できます。良くある両親の身長から計算するものではなく、2つの時期の身長と二次成長の始まった年齢から計算します。

http://height.webjpn.net/
Posted by 最終身長を計算します at 2016年11月15日 03:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。